COSMETIC 詰め物・被せもの・ホワイトニング

笑顔になるのが楽しい
美しく若々しいお口元に You can have a beautiful and youthful mouth

歯が白くて透明感があるだけで、お顔全体が明るく見えたり、
清潔感があったりと、さまざまなプラスイメージを与えることができます。
また、保険適用外の白い素材は、天然歯との適合性が高く、虫歯や歯周病の予防にも役立つものです。
当院では、審美・機能性・予防の3つのバランスが取れた詰め物・被せ物治療やホワイトニングによって、
患者様の人生を豊かにするお手伝いをしています。

詰め物・被せ物の精度で
歯の寿命が変わります

虫歯になってしまった歯は、皮膚などと違い、再生することはありません。そのため、人工物で補う必要があります。人工物は人体と違って徐々に馴染むということがないため、最初からぴったりと合うものを作る必要があるのですが、その精度は詰め物や被せ物の素材によって変わります。精度の低い詰め物・被せ物は歯との間に隙間や段差ができやすいため、汚れがたまりやすく、二次虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまい、結果的に歯の寿命を縮めることになってしまうのです。お口の状態をしっかりと見極め、適切な素材の詰め物・被せ物を選択することが、歯の寿命を延ばすことにつながります。

詰め物と被せ物

  • インレー

    比較的小さな虫歯を削った部分を、金属やセラミックなどの素材を詰めて補うことを、インレー(詰め物)といいます。その際、天然歯とインレーとの間に境目ができていると、唾液が入りこんで技工物を接着しているセメントが溶けてしまったり、細菌が入りこんだりして、虫歯の再発などのトラブルの基になります。治療を繰り返さないためにも、一番最初の治療から精度の高いインレーを入れることが重要です。

  • クラウン

    歯を大きく削って歯茎の上に歯質がほとんど残っていない際に、欠損部分を覆うための補綴物が、クラウン(被せ物)と呼ばれています。神経を抜いて脆くなった歯を、できる限り長く使い続けられるようにするためにも、天然歯が割れづらい状態にすることを心がけています。前歯の形を整えたい場合や、噛み合わせの調節をしたい時にも、クラウンが用いられています。

TYPE 補綴物の種類

  1. INLAY
    ジルコニア

    ジルコニアは、人工ダイヤモンドにも使われている大変強度のある素材です。割れにくいことから、主に奥歯の治療に選ばれています。色彩の幅はセラミックに劣りますが、白く美しい素材です。精密な形成が可能であり、汚れが付着しづらいことから衛生的にも優れています。

    • メリット
      • 硬くて割れにくく、
        経年劣化の心配がない
      • 歯に近い色のために
        目立たない
    • デメリット
      • 保険適用外のため、
        費用が高額になる
  2. INLAY
    オールセラミック(e-max)

    セラミックインレーとは、歯科専用の陶器素材を用いた詰め物をいいます。天然歯に近い白さと透明感がある素材です。さまざまな色彩に対応できるため、天然歯に馴染んで治療痕が目立ちません。また、表面が滑沢なために汚れが付きにくく、予防にも効果的です。

    • メリット
      • 天然歯に近い美しさ
      • 精密な形成が
        可能なため、
        歯に
        隙間なく装着できる
    • デメリット
      • 保険適用外のため、
        費用が高額になる
  3. INLAY
    ハイブリッドセラミック

    ハイブリッドセラミックは、歯科専用の陶材とプラスチック素材(レジン)を合わせた素材です。水を吸収しやすいレジンを配合しているため、経年劣化がありますが、オールセラミックにはない弾性を持ち、噛み合う歯に優しいという特徴があります。

    • メリット
      • 天然歯に近い美しさ
      • 精密な形成が
        可能なため、
        歯に
        隙間なく装着できる
    • デメリット
      • 保険適用外のため、
        費用が高額になる
      • オールセラミックよりも
        経年劣化の
        可能性が高い
  4. INLAY
    ゴールド

    ゴールドインレーは、金合金製の詰め物です。金属の中では柔らかいため、噛み合わせた歯を守ることに繋がります。また、歯にピッタリと合った形成がしやすい素材です。

    • メリット
      • 歯に近い硬さがあり、
        噛み合う歯に優しい
      • 銀歯に比べて唾液で
        溶けづらいため、
        金属アレルギーの
        リスクが低い
    • デメリット
      • 金属色であるために、
        外から見て目立ちやすい
      • 保険適用外のため、
        銀歯に比べて費用が
        高額になる
  5. INLAY
    金銀パラジウム

    金銀パラジウムは、名称通り金と銀、パラジウムを主成分とした、保険の虫歯治療で使用されている素材です。強度が高いために破損しにくい素材ですが、唾液などの影響で溶けてイオン化することで、歯茎の変色や金属アレルギーの原因となっています。

    • メリット
      • 保険適用されるため安価
      • 強度が高く破損しづらい
    • デメリット
      • 精密さに欠けるために
        虫歯の再発を
        招きやすい
      • 経年劣化しやすく、
        金属アレルギーの
        原因にもなる
  1. CROWN
    オールジルコニア

    合成ダイヤモンドに使用されているジルコニアは、非常に硬く、経年によって変形・変色をすることがない素材です。生体親和性も高く、金属アレルギーのリスクもありません。歯に近い色を再現することができるため、天然歯と並んでも被せ物だと気が付かれにくい仕上がりにすることが可能です。

    • メリット
      • 天然歯に近い色に
        できるため
        目立ちづらい
      • 経年劣化しにくい
    • デメリット
      • セラミックに比べると
        光の透過度が低い
      • 保険適用外のため、
        費用が高額になる
  2. CROWN
    オールセラミック(e-max)

    内側・外側のどちらもセラミックで作られたオールセラミッククラウンの場合、天然歯と遜色ない色彩や透明感を再現することが可能です。また、表面がツルツルしているために汚れや細菌が付きにくく、虫歯や歯周病の予防に役立ちます。

    • メリット
      • 自然な色彩を再現でき、
        経年による変色もない
      • ノンメタル素材のため、
        金属アレルギーの心配が
        ない
    • デメリット
      • 噛み合わせが極度に
        強いと、
        割れてしまう
        可能性がある
      • 保険適用外のため、
        費用が高額になる
  3. CROWN
    ジルプレス

    合成ダイヤモンドに利用されるジルコニアでフレームを作り、表面にセラミックを焼き付けた被せ物です。ジルコニアの強度とセラミックの美しさを併せ持ち、天然歯のような見た目を再現することが可能です。

    • メリット
      • 自然な色彩を再現でき、
        経年による変色もない
      • ノンメタル素材のため、
        金属アレルギーの心配が
        ない
    • デメリット
      • 噛み合わせが極度に
        強いと、
        割れてしまう
        可能性がある
      • 保険適用外のため、
        費用が高額になる
  4. CROWN
    メタルボンド

    硬い専用の金属でフレームを作り、その上にセラミックを焼き付けた被せ物です。金属のフレームを利用しているため、その色が透けて見えてしまう可能性もありますが、表面をセラミックで覆っているため、白く美しい歯が長持ちします。

    • メリット
      • 自然な色彩を再現でき、
        経年による変色もない
      • 内部を金属で
        覆っているため耐久性が
        高い
    • デメリット
      • 噛み合わせが極度に
        強いと、
        割れてしまう
        可能性がある
      • 保険適用外のため、
        費用が高額になる
  5. CROWN
    ハイブリッドセラミック

    歯科専用の陶材とプラスチック素材であるレジンを合わせた素材で作った被せ物です。オールセラミックなどと比べると、経年劣化がありますが、カラーバリエーションが豊富で、ある程度の弾性があるため、噛み合う歯に優しい素材です。

    • メリット
      • 天然歯に近い美しさ
      • 精密な形成が
        可能なため、
        歯に
        隙間なく装着できる
    • デメリット
      • 保険適用外のため、
        費用が高額になる
      • オールセラミックよりも
        経年劣化の
        可能性が
        高い
  6. CROWN
    ゴールド

    金を多く配合した、柔らかくて歯に優しい素材です。歯に近い硬度があり、強く噛み合っても相対する歯にダメージを与えにくいのが特徴です。また、精密な形成ができるため、2次虫歯になりにくいというメリットもあります。金属アレルギーの可能性も低く、身体の健康にも配慮した治療が行えます。

    • メリット
      • 精密な形成によって
        2次虫歯になりにくい
      • 歯に近い硬さのため
        噛み合う歯に優しい
    • デメリット
      • 保険適用外のため、
        費用が高額
      • 金属色のため治療部分が
        目立つ
  7. CROWN
    硬質レジン前装冠

    金属のフレームにプラスチックを貼り付けた被せ物です。前歯の保険治療の時に利用します。保険適用のため安価で、装着直後は天然歯とあまりかわらないように見えますが、経年劣化しやすく、汚れが付きやすいというデメリットもあります。

    • メリット
      • 保険適用されるため安価
    • デメリット
      • 飲食物や喫煙による
        着色しやすい
      • 金属アレルギーの心配が
        ある
  8. CROWN
    金銀パラジウム

    保険の銀歯として知られており、強度の高い素材です。しかし、溶けてイオン化することで歯や歯茎が黒ずんだり、たんぱく質と結合して金属アレルギーを引き起こしたりと、さまざまなリスクがあります。

    • メリット
      • 保険適用されるため安価
      • 強度が高く破損しづらい
    • デメリット
      • 精密さに欠けるために
        虫歯の再発を
        招きやすい
      • 経年劣化しやすく、
        金属アレルギーの原因
        にもなる

コア

神経を抜いて根の治療を行った歯は、根の強度が下がっているためにクラウンで覆って補強する必要があります。
その際、クラウンを固定するの土台となるのが、コアと呼ばれるものです。当院では、ファイバーコアとメタルコアの2種類をご用意しています。

メタルコア

メタルコアは保険適用の素材でできた、金属の土台です。非常に硬く丈夫ですが、弾性がないために歯の根に負担をかけ、割れやすくなるというデメリットがあります。また、金属イオンの流出によって、歯茎が黒ずむメタルタトゥーという状態にもなり、ファイバーコアに比べて審美的に劣っています。

ファイバーコア

ファイバーコアは歯の根に近い弾性を持っている土台です。芯の部分がグラスファイバーで作られており、歯と同じようにしなることで、根が割れるのを防ぎます。また、白い素材であるため、オールセラミックなどの透明性のある素材を被せた際に、色が透けないのも特徴です。

ホワイトニング

ホワイトニングでは、過酸化水素水などの薬剤によって歯の表面に付いた着色物を分解し、天然歯を傷付けることなく白くしていきます。白くて美しい歯は、見た人に明るくて清潔感のある印象を抱かせるだけでなく、患者様ご自身の気分も明るくしてくれるものです。女性が美容の一環として利用するのはもちろん、美意識の高い男性や、営業や接客業の方にも、おすすめの治療です。

ホームホワイトニング

  • メリット

    ホームホワイトニングのメリットは、患者様ご自身の都合がいいタイミングにマウスピースの内側に薬剤を塗って歯にはめるだけで、簡単お手軽に歯を白くできる点にあります。また、オフィスホワイトニングに比べて弱い薬剤を使い、時間をかけて漂白していくことから、歯にしみにくく、自然な白さを手に入れることができます。

  • デメリット

    ホームホワイトニングのデメリットは、弱い薬剤を使っているために、 漂白効果が出るまで時間がかかる 点です。

0845-22-7100 タップで電話がかかります