ELDERLY 高齢歯科

いつまでも自分自身の
歯で
人生を楽しむための
高齢者歯科 Dental treatment can bring happy life

高齢になると、体力の衰えや免疫力の低下、全身疾患のリスクなど、
さまざまな面に配慮をした上で歯科治療を行う必要があります。
治療の際には患者様の体調の変化を小まめに確認し、できる限りご負担を与えないように心がけています。
高齢者のお口の健康を維持することは、毎日の会話や食事などを楽しむために重要なことです。
患者様がいつまでもご自分の歯で噛み続けられるように、しっかりとサポートさせていただきます。

高齢者の口腔ケアが
重要な理由とは

高齢者のお口の中には、全身と同じようにさまざまな問題が現れます。例えば、身体の機能の衰えによって唾液の分泌量が減少することで、口内の自浄作用が低下して、虫歯や歯周病になりやすい状態なっている方は少なくありません。

また、口内に増殖した細菌が全身疾患に悪影響を与えているケースもあります。口内の衛生状態は、お口のトラブルだけでなくお身体の健康にも大きく関わっているため、意識的に口腔ケアに努める必要があるのです。

口腔ケア不足が
引き起こすトラブル

  • 誤嚥性肺炎

    唾液や食べ物を飲み込む時に、誤って気管や肺に入ってしまうことを誤嚥といいます。基本的には咳によって異物を排出しますが、身体の機能が低下すると肺に入ったままになってしまうのです。その際、異物と一緒に入った細菌が肺の中で炎症を起こすのが誤嚥性肺炎であり、高齢者の多くが命を落とす原因となっています。

  • 認知症のリスク上昇

    お口の開け閉めや、食べ物を噛むという行為によって脳に酸素や刺激を送ることが、認知症予防につながるといわれています。歯を失って噛み締めることができなくなると、認知症のリスクが上昇するという調査結果もあるため、口腔ケアによってより多くの歯を残すことが、健康寿命を延ばすためにも重要だと考えられます。

高齢者が陥りやすい
オーラルフレイルの危険性

オーラルフレイルとは、加齢に伴い噛む・飲み込む・話すなどの口腔機能が衰えることを指し、老化のサインの一つだとされています。食べこぼしが多くなる、飲み込む際にむせやすくなる、滑舌が悪くなるなど、その症状は様々です。

また、噛む力が衰えると柔らかい食べ物を選びがちになり、さらに口腔機能が衰えるという悪循環に陥ります。そのような状況が続くと、全身の機能低下にも繋がり、介護が必要な状態にまで進む可能性もあります。

口腔機能を
維持するための治療法

  • インプラント

    ご年配になって歯を失った方は、多くの場合、安価で手軽な義歯を選択される傾向があります。しかし、義歯は安定性が低いため、しっかりと食べ物を噛んで消化の助けにできない、歯をかみしめて身体に力を入れられないなどの問題があります。

    そのような方にお勧めしたいのが、インプラント治療です。インプラントは顎の骨に埋め込んで固定されることから、 天然歯に近い安定感と噛み心地を得られます。毎日のお食事を楽しみにされている方や、スポーツをされている方に役立つ治療です。

  • 義歯

    初めて義歯を使う方は、なかなか使い慣れることができずに、放置してしまうケースが多いようです。しかし、義歯には咀嚼能力の維持や、舌や粘膜の均衡を保つことなど、お口の機能を守る重要な役割があります。最初は慣れなくても、しっかりと練習して使えるようになることが大切です。

    また、一見インプラントの方が歯を補う方法として優れているイメージがありますが、自力で口腔ケアができない場合には、口内のケアにまでは介護の手が回らず、インプラント周囲炎によって脱落する可能性が高くなります。その点、義歯であればご家族の方やケアマネジャーが取り外して清掃できるため、口内環境を清潔に保てるというメリットがあります。

口腔機能を診断しましょう

高齢者の方々が、快適に日常生活を過ごすためには、体の衰えを予防することが大切になります。中でも「食事」や「会話」に関係する口腔機能の低下を防ぐことは、高齢者が身体的、精神的に健康でいるためには欠かせません。当院では、地域のかかりつけ医師として口腔機能の測定を始めており、「咬合力測定」や「舌圧測定」を実施しています。また、舌圧測定で、数値が低いと判断された患者様には「ペコぱんだ」と呼ばれる自主訓練用のトレーニング用具で嚥下機能の改善をサポートいたします。口腔機能の低下を早期に自覚し予防することで、会話や食事を楽しむことができ、結果的に健康寿命を延ばすことにつながります。お口のお悩みがございましたら、是非一度、当院までご相談ください。

0845-22-7100 タップで電話がかかります