ORTHODONTICS 矯正歯科

お口元の美しさと
機能性を
両立する矯正歯科治療 Achieve both beauty and
functionality of your mouth

歯並びがきれいに整っていると、それだけで清潔できっちりした印象が与えられるなど、
お口元の見た目は人のイメージを大きく左右するものです。また、矯正治療のメリットは審美面だけでなく、
食べ物を噛み切る、清掃性を高めて予防しやすくなるという面もあります。さらに、お子様の顎や
顔面の適切な成長・発育にも繋がる
など、年代を問わずお口の健康のためにおすすめしたい治療です。

歯並びが悪いことによる
デメリット

歯並びの悪さがコンプレックスとなって、お口元を手で隠しながら喋ったり笑ったりする方や、常にうつむきがちな方がおられます。

また、歯が磨きづらいために虫歯や歯周病を頻発させて治療費がかさむ、磨き残しが口臭の原因になっているという場合もあるようです。 噛む合わせの悪さが顎関節の不調が懸念されるなど、不正咬合はさまざまなトラブルの基になっています。

CHECK こんな症状ありませんか?

  • 虫歯や歯周病になりやすい
  • 見た目が悪い
  • 滑舌に悪影響がある
  • 顎関節症のリスクが高い
  • 肩こりなどの原因となる可能性がある
  • ブラケット矯正

    歯1本1本の表面にブラケットと呼ばれるボタンのような装置を取り付け、それらをワイヤーで繋ぐことで歯を動かしていく矯正方法です。矯正器具の中でも最も幅広い症例に対応でき、確実性が高いといわれています。しかし、器具の取り外しができないために歯磨きが難しく、しっかりとケアができない方は虫歯や歯周病になりやすいリスクがあります。

  • 審美ブラケット矯正

    ブラケット部分が透明のプラスチック製や、白くコーティングされた物、セラミック製の物などを採用した目立ちにくいタイプです。一般的には銀色のワイヤー部分も、白いタイプを選ぶことで、外から見ても器具に気付かれにくくできます。

  • ミニインプラント矯正

    小さなネジ型のインプラントを骨に埋め込んで、歯を動かす固定源にする方法です。アンカースクリューや、ミニスクリューとも呼ばれます。ワイヤー矯正のみと比べて、より多方向に歯を動かすことができます。

  • 小児矯正

    小児矯正では、お子様の身体が成長する力を利用して顎の骨の成長発育を促すことで、永久歯がきれいに並ぶスペースを確保することを目的としています。当院では取り外し可能な床矯正装置と、固定式の急速拡大装置を導入しており、お子様の口内状況や保護者の方のご希望に合わせて使い分けることが可能です。

矯正治療が必要な歯並びの種類

  • 上顎前突

    上顎が突き出ている出っ歯状態が、上顎前突です。見た目が目立つだけでなく、唇が閉じにくくなることで虫歯ができやすくなり、口内が乾きやすくなるなどの症状が現れる傾向があります。

  • 下顎前突

    下顎前突は、下顎が突き出て噛み合わせが上下反対になった、受け口の状態をいいます。見た目に違和感がある、食べ物が噛み切りづらい、発音がはっきりしないなどの症状が現れます。2歳までは自然に改善することがありますが、3歳を過ぎると自然治癒する可能性が大きく下がるため、なるべく早い対応が必要です。

  • 開咬

    奥歯の上下を噛み合わせているにも関わらず、前歯同士が接しない状態を開咬といいます。前歯で噛み切れない、発音が不明瞭といった問題だけでなく、重症の場合には食事がきちんと摂れないこともあります。指しゃぶりや舌を突き出す癖が、開咬になる原因だとされています。

  • 叢生

    歯が適切な部分から出ておらず、重なり合って凸凹している状態が、叢生です。顎の発育が不十分で、永久歯が並ぶスペースがないことが原因で起こります。ブラッシングが難しいために磨き残しが多くなり、虫歯や歯周病を発症しやすくなる傾向があります。また、噛み合わせがズレて余計な力が加わり、歯周病の悪化を招いたり、顎関節症の原因にもなります。

当院の矯正治療について

当院では、数多くの症例を治療してきた経験を持つ医師が、審美性と機能性を兼ね備えた矯正治療を提供しています。矯正の治療日は、毎月第1土曜日です。

小児矯正

  • 小児矯正のメリット

    近年、日本人の食生活が大きく変わったことから、顎の骨が十分に発育できず、歯並びが悪くなってしまうお子様が多くなっているといわれています。それを解決するために役立つのが、小児矯正です。口腔顎顔面領域の成長は6歳から9歳頃がピークであり、このタイミングで顎の骨にアプローチすることで、永久歯がきれいに並ぶスペースを作りだし、将来的に成人矯正をしなくてすむ状態にできます。また、もし大人になってから矯正をする場合にも、抜歯をする可能性を低くできるというメリットもあります。

  • 小児矯正のデメリット

    小児矯正は、第1期治療で顎の骨の発育成長を促し、第2期治療で歯並びを整えることが多く、第1期治療から開始すると、経過観察の期間も含めて数年単位に及ぶことがあります。また、第2期治療へそのまま移行する可能性が高いく、長期間治療に取り組まなければならないため、お子様だけでなく保護者の方の負担になることが避けられないのも、デメリットだといえます。

治療方法

床矯正

取り外し可能な装置であり、保護者の方が定期的に付属するネジを巻くことで、顎のスペースを少しずつ広げていくことができます。基本的には、歯磨きや食事の時を除いた全ての時間に装着してもらうことが理想です。

急速拡大装

急速拡大装置は、上顎の横幅を広げることで、成長発育をサポートする装置です。ネジを巻くことで装置が左右に開き、上顎の骨の幅を広げることができます。名前の通り、数週間という短期間で顎のスペースを確保することができる方法です。

お口ポカーンのリスク

人間は鼻呼吸が正常な呼吸方法ですが、近年ではお口で呼吸をするお子様が増えてきており、歯並び悪化の原因になっているといわれています。

お口から呼吸をすると口内が常に乾いた状態になるため、歯肉が炎症を起こしやすくなる、虫歯リスクが高まる要因にもなるという問題も発生しています。お子様がポカンとお口を開けて呼吸をしている場合には、ぜひ一度ご相談へいらしてください。

0845-22-7100 タップで電話がかかります